柴田教授のひびきの放送局/Prof. Shibata's Hibikino Station

九州工業大学大学院生命体工学研究科の柴田智広教授の公式ブログです.

Kyutech

RKB毎日放送「発掘ゼミ」で柴田研の研究内容が特集されました

先日、RKB毎日放送「発掘ゼミ」で柴田研の研究内容が特集されました。 今回は、よくメディアに取り上げていただける着衣介助ロボットシステムHAFY(上記写真4枚のうち左下)だけでなく、人工筋肉を用いて主にパーキンソン病患者のすくみ足防止を目標に研究を…

日本人学生募集中!

柴田研では次年度春入学の日本人学生さんをまだまだ募集しています。 www.brain.kyutech.ac.jp 第2回入試の出願期間は2019年7月29日(月)〜8月2日(金)です(インターネット出願期間は22日から)。(link: http://www.lsse.kyutech.ac.jp/admission/informa…

スマートライフケア共創工房のSNSアカウント / SNS Accounts of the SLC3 LAB

スマートライフケア共創工房のホームページは、下記にあります。The website of Smart Life Care Co-Creation Laboratory is below. 下記SNSアカウントからも活発に情報発信しています。We are also actively sending information from the following SNS ac…

Robomech2019に参加しました

北九州開催だったRobomech2018から早一年。学生3名を連れてRobomech2018に参加してきました。 M2の坂田拓馬(Takuma Sakata)君が、「パーキンソン病患者のすくみ足抑制のための自己誘発的な力刺激を用いる新しい歩行器システムの提案」を発表、同じくM2の福…

オープンキャンパス2019は大賑わい / A Huge Audience in OpenCampus 2019

晴天に恵まれた今日、終日、たくさんの方に見学に来てもらうことができました。Blessed with fine weather, there came a lot of people for our open campus throughout the day. 実験室 / Experiments Room スマートライフケア共創工房にも、たくさんの方…

Lab Members AY2019 (Spring-)

下記が、この春からの柴田研のラボメンバーです。初めての社会人博士(福岡女学院看護大学助教の柴田裕子先生)も迎えて、新たな挑戦にわくわくしています!Below are the lab members of Shibata Lab from this spring.I'm excited at the new challenge wi…

人間中心AI・ロボティクス研究グループ/ Human-Centered AI/Robotics Research Group

九州工業大学大学院生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻人間知能創成講座に、この春、2名の准教授(池本先生、長先生)と1名の助教(石橋先生)が着任しました。 池本先生と長先生とは新たに研究グループを構成し、強力に連携をしていきます。2020度…

池本先生が准教授として着任しました!/ Dr. Shuhei Ikemoto has joined our division as Associate Professor

4/1に、池本周平先生が人間知能システム工学専攻の、私と同じ人間知能創成講座の准教授に着任しました。これからのコラボが大変楽しみです! Dr. Ikemoto has joined our division as Associate Professor. I am looking forward to the future collaboratio…

九工大は5月に110周年を迎えます / Kyutech will celebrate its 110th anniversary this May

九工大は国立大学ですが、その前身である明治専門学校は、1909年に、安川敬一郎氏が私財を投じて創った私学でした。1921年に、4年生国立大学となりました。 Kyushu Institute of Technology (Kyutech) is a national university. Its predecessor, Meiji Col…

2019年のオープンキャンパスは5月11日 / Open campus of our Campus (Kyutech, LSSE) is May 11 (Sat).

九工大若松キャンパスのオープンキャンパスは5月11日(土)です。まだ当分若松キャンパスホームページの今年のオープンキャンパスページの公開には時間がかかりそうですが、ともかくオープンキャンパスは5月11日(土)です。例年、10AM~4PMの開催です。 柴…

長先生が准教授として着任しました!/ Dr. Takayuki Osa has joined our division as Associate Professor

3/1に、長 隆之 先生が人間知能システム工学専攻の、私と同じ人間知能創成講座の准教授に着任しました。これからのコラボが大変楽しみです! Dr. Takayuki Osa has joined our division as Associate Professor. I am looking forward to the future collabo…

少なくとも西日本では初!MAC3D SYSTEMで5名同時計測を行いました

九州工業大学と北九州市で運営し、北九州学術研究都市内にあるスマートライフケア共創工房(西日本新聞記事へのリンク)には、最先端のモーションキャプチャ設備があります。 モーションキャプチャ装置は、Motion Analysis社のMAC3D SYSTEMです。解像度220万…

市とFAISの特区関係者がスマートライフケア共創工房を訪問 / Visitors from Kitakyushu City and FAIS in Charge of the Special Strategic Zone

北九州市とFAISの特区関係者が、スマートライフケア共創工房を視察されました。私が概略を説明し、井上研、佐藤研がデモンストレーションを行いました。Persons from Kitakyushu City and FAIS in charge of the special strategic zone assigned to Kitakyu…

副市長がスマートライフケア共創工房を視察 / Deputy Mayor's Visit to SLC3 LAB

本日、北九州市の松元副市長ご一行が、スマートライフケア共創工房を視察されました。私が概略を説明し、井上研、佐藤研がデモンストレーションを行いました。Today, Matsumoto deputy mayor of Kitakyushu City visited the Smart Life Care Co-Creation La…

九経連大分地域委員会委員の視察 / Visitors from Kyushu Economic Federation Oita Regional Committee

11月16日(金)午後に、九経連大分地域委員会委員の視察があり合計20名以上の方が3班に分かれていらっしゃいました。柴田研では着衣介助ロボットとスマートライフケア共創工房(一部)を担当しました。On the afternoon of November 16 (Friday), more than…

立石科学技術振興財団の第27号成果集に柴田研の訪問記が掲載されました。

立石科学技術振興財団には、私が医工連携研究を本格的に行う初めてのきっかけを与えもらいました。そしてまた10年の時を経て、研究室を訪問していただき、この10年を改めて振り返ることができました。また、京都大学の阿草先生やATRの萩田先生からご指導ご鞭…

社会ロボット具現化センター設立5周年記念ワークショップのご案内

九州工業大学の社会ロボット具現化センター設立5周年を記念して、戸畑キャンパスでワークショップを開催します。 特別講演1では、ミュンヘン工科大学教授であり東京大学客員教授でもある、建築ロボティクスやその高齢者ケア応用で高名なThomas Bock先生に…

テニュアトラック准教授or助教【8/27 締切】、および業務支援職員【8/24締切】を1名ずつ公募中です

1.九工大 大学院生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻(テニュアトラック准教授もしくは助教)を公募しています。 大学院生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻に所属して、 (1)知能ロボティクスおよびその関連分野の研究に従事するとともに…

スマートライフケア共創工房を立ち上げました

九州⼯業⼤学若松キャンパス内に、アクティブシニアIoTに関するオープンイノベーション拠点を北九州市と共同で立ち上げました。 ここでは、九州⼯業⼤学が発信するアクティブシニアIoTの最新技術を体験できます。また、オープンイノベーションなど産学連携を…

Keynote Speech at Robotics and Computer Science Workshop at Iizuka Campus

Robotics and Computer Science Workshop with CCNY was organized by Prof. Hayashi and held at Iizuka Campus. I gave my keynote speech entitled "Individual Adaptation for Assistive Robotics Using Reinforcement Learning" on Jun 18. I got quest…

九工大のチームがRoboCup@Homeで二年連続の優勝を成し遂げました!

速報です! 田向准教授率いる九工大の学生チーム「Hibikino-Musashi@Home」が、RoboCup@Home DSPLリーグで二年連続の優勝を成し遂げました! さらに、番外編のP&G Challengeでも優勝しました! Hibikino-Musashi@Homeの皆さん、おめでとう! 2015年に第1回H…

Visitors from The City College of New York

Glad to have visitors from CCNY. Well done, Vishal, Ravi and Udit!

介護ロボティクスの分野でアイデア→プロトタイピング→実証評価のループを早く回したい(2)

介護ロボティクスの分野でアイデア→プロトタイピング→実証評価のループを早く回したい(1) からすっかり間が空いてすみません。(^^; 1日目は(株)さわやか倶楽部から、石本取締役運営部部長を初め、介護職員、理学療法士、施設管理者など、合計7名に参加…

ロボット産業マッチングフェアで3日間展示を行いました

この6月13日~15日にかけて、西日本総合展示場新館で、ロボット産業マッチングフェアが西日本製造技術イノベーション2018の企画の一つとして開催され、柴田研からもHAFY2台を投入して展示を実施しました。先週ここでROBOMECH2018を開催してまして、なんだか…

Open Campus 2018

今日は年に一度のオープンキャンパスでした。九工大の学部生を中心に、たくさんの見学者がありました。中には沖縄からの学生さんも!ご来訪有難うございました。 多くの柴田研の学生諸君のおかげで、良い見学対応をすることができました。有難う!

iREX2017での展示を無事に終えました We finished our exhibition at iREX2017 sucessfully.

柴田研として初めて、県外での、しかも4日間にわたる展示に、研究室一丸となって挑戦をしました。For the first time as Shibata Lab, we together have challenged an exhibition that is outside the prefecture and over four days. 展示場所がホールのセ…

We will exhibit clothing assistance robot system at international robot exhibition (iREX 2017) in Tokyo

Schedule: 11/29-12/2 Venue: Tokyo Big Sight, East hall 4-6, Booth Number SR-52 The Shibata laboratory have been conducting research on advanced assistive robotics using a dual arm robot that can cooperate with humans. This time, we will …

介護ロボティクスの分野でアイデア→プロトタイピング→実証評価のループを早く回したい(1)

わが国では介護分野へのロボット導入が期待されていますが、ニーズが細分化されていることや、安全性・価格・効用のバランスをとることが難しいため、まだマーケット開拓の目途が立っていないという問題があります。 この問題に対する一つの重要な対策として…

日本神経回路学会第27回全国大会は大盛況

平成29年9月19日(火)~平成29年9月22日(金)に、北九州国際会議場で、日本神経回路学会 第27回全国大会、および大会プレイベントを開催しました。 (左)小倉駅に掲げられていた掲示板、(右)本大会の入場口看板 日本神経回路学会は,脳科学,および人工…

GW Workshop 2017

大学院での新学期、新入生は授業を目いっぱい履修し、そしてレポート課題も多数出るため、研究する時間をとることが容易でありません。柴田研では、新年度研究にスタートダッシュをかけるため、また向学心に燃えた新入生の火を消さぬため、毎年ゴールデンウ…