柴田教授のひびきの放送局/Prof. Shibata's Hibikino Station

九州工業大学大学院生命体工学研究科の柴田智広教授の公式ブログです.

九工大 第7回社会ロボット具現化ワークショップ 「医療やリハビリテーションや介護にロボットはどう活躍するか」

医療やリハビリの現場でロボットが活躍するには、ロボット研究者たちが現場の状況やニーズを知 り、現場で働く人たちが大学の持つ技術シーズを理解し、共同して新しいロボットを開発することが 肝心です。その手がかりを探るために、「医療やリハビリテーションや介護にロボットはどう活躍す るか」というワークショップが6/21(火)に開催されます。

下記、案内文です。私も登壇します。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

ワークショッププログラム(敬称略)

1) 挨拶 13 時 00 分~13 時 10 分 九州工業大学 社会ロボット具現化センター センター長・特別教授 浦 環

2) これからの介護 13 時 10 分~13 時 40 分
 一般社団法人 宗像医師会 理事 塩谷 眞子

3) 実臨床・医療現場における各業種からのニーズ 13 時 40 分~14 時 10 分
 北九州市立八幡病院 副院長 岡本 好司

--- 休憩 10 分 ---

4) 歯科領域における Digital 化の現状と Robotics の可能性 14 時 20 分~14 時 50 分
 福岡歯科大学 咬合修復学講座口腔インプラント学分野 助教 柳 束

5) 歩行・起立動作支援のための生体計測と情報提示 14 時 50 分~15 時 10 分
 九州工業大学 大学院生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻 准教授 和田 親宗

6) ロボットや ICT 機器によるリハビリテーションの効果検証 15 時 10 分~15 時 30 分
 九州工業大学 大学院生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻 教授 柴田 智広

7) 医療・リハビリへのメカトロ手法応用の取組み 15 時 30 分~15 時 50 分
 九州工業大学 大学院工学研究院 先端機能システム工学研究系 准教授 坂井 伸朗

--- 休憩 10 分 ---

8) 医師と共創する新しいバイオ医療機器の開発 16 時 00 分~16 時 20 分
 九州工業大学 大学院生命体工学研究科 生体機能応用工学専攻 准教授 川原 知洋

9) 組織再生用足場材料を中心とした生体材料の創製 16 時 20 分~16 時 40 分
 九州工業大学 若手研究者フロンティア研究アカデミー 准教授 城﨑 由紀

10) 医療用サービスロボットの紹介 ヒトとロボットの共生・共働可能な社会の実現 16 時 40 分~17 時 00 分
 株式会社 匠 マネージャー 小山田 忍

11) 総合討論 17 時 00 分~17 時 30 分

 

懇談会 17 時 40 分~19 時 00 分 場所:九州工業大学生活協同組合戸畑食堂

参加費:一般 1,000 円 学生 500 円

≪お問い合わせ及び参加申し込み≫ 参加希望者は、「ワークショップ参加申し込み」と件名にご記入の上、 ①氏名、②所属会社等名、③職、④Eメールアドレス、⑤懇談会参加の有無 をEメールにて下記宛先までお申込みください。 九州工業大学 社会ロボット具現化センター 深井 千亜紀 宛(fukai@brain.kyutech.ac.jp) なお、定員 80 名とさせていただきます。6 月 14 日(火)までにお申込みください。