柴田教授のひびきの放送局/Prof. Shibata's Hibikino Station

九州工業大学大学院生命体工学研究科の柴田智広教授の公式ブログです.

スマートライフケア社会創造のための基盤づくり

「スマートライフケア社会創造のための基盤づくり」として解説記事をシステム/制御/情報学会誌第63巻第8号に寄稿しました。スマートライフケア社会創造ユニットの井上准教授と、地域イノベーションエコシステム形成プロジェクトの相馬プロデューサー(九工大客員教授)との共著です。

記事中ではスマートライフケア共創工房の説明も勿論しています。


この、「リハビリと健康維持―工学連携がひらく未来」特集号は、その他の解説記事も大変興味深いものばかりです。下記に目次を抜粋しておきます。

----------------------------------------------------------------------------------------------

「システム/制御/情報」 第63巻 第8号
「リハビリと健康維持—工学連携がひらく未来」特集号
解説
理学療法機器に求められる存在意義の現状と未来
栗栖 信之
スマートライフケア社会創造のための基盤づくり
柴田 智広・井上 創造・相馬 功
リハビリテーションにおける工学的課題と地域・工学連携への期待
浅井 剛・山口 良太
リハビリテーションと工学研究との連携が拓く可能性
岡田 洋平
人体の動作計測技術における基礎的原理から最新動向まで
尾形 邦裕
ソフトアシスト技術による感覚・運動能力の拡張
栗田 雄一
編集後記
「リハビリと健康維持—工学連携がひらく未来」特集号を企画して
為井 智也
----------------------------------------------------------------------------------------------

 

この学会誌は、第60巻4号(2016年)以降を 国立研究開発法人 科学技術振興機構 (JST) のJ-STAGEにて電子アーカイブを無料公開していおり、最新分に関しては、会誌発刊後、一定の未公開期間(6ヶ月)を設けた上で公開しているのだそうです。

現在、第60巻2号まで公開されていますね。